SNSで話題の出生体重貯金の気になるやり方と注意点を紹介!!

親の手を握る赤ちゃんの手の写真

 

妊娠前から気になっていた出生体重貯金をやってみました!!

 

出生体重貯金とは、赤ちゃんの口座を開設し通帳をつくり、出生日や出生体重などと同じ金額を振り込むことで、生まれた時の記録を残す貯金です。

 

Instagramで話題になっており、赤ちゃんの口座を作るパパさん&ママさんが急増中なんだとか。

 

我が家では今回作った子どもの口座に、いただいたお祝いや児童手当を入金し、将来学費として使用したり、子どもが大きくなったときに渡そうと思っています。

 

簡単ですぐに出来るので、やり方と注意点をまとめてみました!

 

 

ゆうちょ銀行を選んだ理由

ウチは子どもの貯金にゆうちょ銀行を選びました。

ゆうちょ銀行を選んだ理由として

  • 将来どこに住んでもATMがあると思われる
  • 通帳が無料で作れる
  • 親も口座を持っているので入金がスムーズ

といった理由があります。

 

将来子どもがどこに住むかわからないので、地方銀行だと利用しづらくなる可能性も…

郵便局なら全国どこでもあるので、ゆうちょだと安心です。

 

また、銀行によっては紙の通帳を発行する際にお金がかかる銀行も、郵貯なら無料で紙の通帳が作れるので、そこも決め手になりました。

 

私がゆうちょの口座を持っているので、ゆうちょダイレクトで入金スムーズなのも魅力でした、ゆうちょをお持ちのパパさんママさんはおすすめですよ!

 

出生体重貯金に必要なもの

ゆうちょでは子どもの口座を作るのに、以下のものを持っていきました。

  • 子どもの医療証
  • 子どもの保険証
  • 印鑑
  • 親の免許証

何か足らなかったらどうしよう…とドキドキしていましたが、こちらで口座を開設することが出来ました。

 

子どもの医療証の代わりに、母子手帳でも口座開設ができるようです。

 

印鑑は、子ども用に苗字のものを用意しました。

将来苗字が結婚により変わる可能性を考え、名前で印鑑を作る親も多いようなのですが我が家は苗字の印鑑にしました。

 

男の子なので苗字が変わる可能性が低く、ハンコの変更もそこまで大変じゃないので、もしも苗字が変わったときは、自分で頑張って手続きしてもらいます(笑)

 

ゆうちょダイレクトを利用するのであれば、振込元である親のゆうちょ口座が必要です。

事前にゆうちょダイレクトの利用手続きをしておくと、スムーズに出来るのでおすすめです。

 

出生体重貯金のやり方

出生日や出生体重を残すことで記念にもなりますし、将来親から子へのプレゼントとしても喜んでくれること間違いなしですよね!

この出生体重貯金、実は簡単にできちゃいます。

 

我が家ではゆうちょで口座を開設してので、ゆうちょでのやり方を紹介します。

郵便局で口座を開設する

まずは郵便局へ口座を開設しましょう。

上記で紹介した持ち物を忘れずに持参し、貯金の窓口で口座を作りたいですと伝えるだけ。

窓口の方が、必要な書類などを用意してくださり、書き方を教えてくださったので迷わずに出来ました。

 

初めての入金を出生日時&出生身長・体重にしたかったので、0円に設定して口座を開設しました。

口座を開設する際に、いくら入金しますか?と聞いてくださったので、0円で作りたいですと伝えました。

 

混んでおらず、ほぼ貸し切り状態だったため、郵便局に入ってから口座ができるまで20分かからなかったと思います。

 

口座を作る際に暗証番号を設定しますが、子どもの誕生日や電話番号など、他者に推測されてしまうような番号はNGです。

事前に考えていくことをお勧めします。

 

ゆうちょでは通帳が3種類あり、好きなデザインを選ぶことが出来ました。

カードのデザインは1種類のようです。

 

我が家ではキャッシュカードの機能のみにしましたが、デビットカードとしての機能も付帯できるようでした。

将来キャッシュレス化が進むことを考えれば、デビットカードの機能が付いていても良いかもしれませんね。

 

ゆうちょダイレクトから送金する

ゆうちょダイレクトは、スマホやパソコンから出来るのでおうちでゆっくり作業することができます。

親の口座のお客様番号とパスワードを入力してログインしたら、振替・振込を選択します。

 

ゆうちょ銀行あて振替より、作った子どもの口座の情報・送金金額を入力します。

例えば、誕生日が7月12日なら712円といった感じです。

 

任意で入力できる、依頼人の欄に項目を入力します。

誕生日なら『BIRTHDAY』

産まれた時間なら『TIME』

出生体重なら『WEIGHT』

といった感じです。

 

f:id:piyomama13:20210712185620j:plain

 

入力できたら、ワンタイムパスワードを取得し、振込完了するだけ!!

これを項目ごとに繰り返します。

 

最後に、記帳すれば完了!

記帳は当日でなくても良いので、私は後日改めてATMへ行きました。

 

出生体重貯金の注意点

入金ではなく、送金です。

子どもの通帳を使って、ATMやインターネットから入金してしまうと、通帳には入金としか表示されず『YEAR』や『BIRTHDAY』などの項目を残せなくなります。

 

ゆうちょダイレクトを使う際、ゆうちょダイレクトで振込手数料がかからないのは月5回までです。

6回目からは手数料100円がかかりますので、5項目までに抑えるか、月を跨いで振込することをお勧めします。

ちなみに私は、『YEAR』『BIRTHDAY』『TIME』『WEIGHT』『HEIGHT』の5項目にしました。

 

また、ゆうちょダイレクトから送金する場合、上記で紹介した依頼人名は必ず入力してください。

依頼人名に入力がない場合親(振込元の口座の名義)の名前が印字されてしまいます。

 

ゆうちょダイレクトを登録していなくても、ATMから振込は出来ます

が、1件につき100円の手数料がかかりますので、ゆうちょダイレクトがおすすめです。

 

おわりに

妊娠中にどこで口座を作ろう?どんな項目で振込しよう?と考えるのも楽しいですね。

 

『HEAD』『CHEST』など、出生時の頭囲・胸囲を記録したり、『WE LOVE YOU』という項目で愛情100%という意味で100円を入金したり、産まれてきてサンキューといった意味合いで39円入金する方もいるようです。

これからよろしくね、という意味で『PAPA MAMA』という項目で4649円といった、面白い項目をされる方もいるようでした。

 

親から子へのプレゼントとして、きっと素敵な記念になりますね。

以上SNSで話題の出生体重貯金のやり方と注意点を紹介しました~

 

出生体重貯金のやり方と注意点を紹介しました~